Es­tab­lished by Daisuke Morishita in 2017, asterisk books is a individual photobook label fo­cussing on con­tem­po­rary pho­tog­ra­phy and photo based art.

The label is now lo­cated on Chiba, near by Tokyo, Japan. Our primarily theme is "pure photography".
Based on this theme, we publish photo books, organizes exhibitions, and hosts lectures.

森下大輔によって2017年に設立されたasterisk booksは、現代写真を取り扱う自主運営のフォトブックレーベルです。

現在は東京からほど近い千葉を拠点に活動しています。主なテーマは「純粋写真」。
このテーマに基づき、写真集の出版、展覧会の開催、レクチャーの企画などを行っています。

Asterisk is a Latin word derived from the word "star," and refers to notes and citations in books. It is also used as a simple sentence separator, or as a wildcard in the field of information processing.

Photography is a quoting technique that replaces what actually exists with an image, and at the same time, it is a method that can precede ready-made recognition.

People don't know exactly what's going on here. We walk, move, and create every day, feeling the novelty and potential just there. And the most helpful thing in creation is the rich vacuum.

It's a flower, a stone, a star, and at the same time the very possibility to represent "Something." who I am, who you are, and someone. We advocate making photos work that way.

asteriskはラテン語の「星」を語源として持つ記号で、書物の中において注釈や引用を示す。また単純に文章の区切りとして用いられたり、情報処理の分野においてはワイルドカードとして活躍する。

写真は、現実に存在するものを画像に置き換える、引用の技法であり、それと同時に既製の認識に先んずることのできる手法である。

人は”ここ”がどうなっているかをはっきり認識しているわけではない。ただ”そこ”にあるであろう新しさや可能性を感じ取りながら日々歩み、手を動かし、創造する。そして創造の際に何より助けとなるのが、可能性を孕んだ空白だ。

花でも石でも星でもあり、それと同時に私でありあなたあり誰かである「何か」を表す可能性そのもの。そのように写真を機能させることを我々は標榜している。